私たち自慢のワインメーカー
~ナパヴァレー&ソノマのパートナー~

ソノマで出会った多くのワイナリー。
最初に出会った、素晴らしいワインメーカー、ダリル・グルームを紹介します。

素晴らしい人格の-ダリル・グルーム(Daryl Groom)

ダリル・グルーム(Daryl Groom)

ダリル・グルーム(Daryl Groom)のルーツは、オーストラリア・ワインを世に知らしめた、ペンフォールズのシニア・ワインメーカーを務め、グランジの醸造家としても知られている。現在はオーストラリアで自身のワイナリーでワインを運営する一方、米国カリフォルニアではワイナリーのコンサルタントやワイン品評会等の審査員長として活躍する引っ張りだこの“空飛ぶワインメーカー”。
また息子COLBYの名を付けたワインCOLBY RED WINEは、人気TV番組NBCトゥデイショーでも出演&紹介され、映画のオスカー賞やTV番組のエミー賞等のパーティでも供されている。またアメリカの大手航空会社ユナイテッド航空の国際線ビジネス・クラスでも何度もオン・リスト化されているクオリティの高さである。
私どもはこのCOLBY REDがアメリカでも有名になる前、ダリルから販売を託されたもの。ゆえに、現在でも我々がソノマに行くたびに彼の自宅に招かれるなど、信頼感ある家族付き合いをして頂いている。

コルビー・レッドワイン

Colby Red(コルビー・レッド)

コルビー・レッドのワインポスター

私どもは手頃な価格で販売しているが、しっかりとしたフルボディの赤ブレンド・ワイン. アメリカを代表する品種ジンファンデルとプチ・シラーの他カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ―、シラーの5種類の品種をバランス良くブレンド、多品種によりもたらされる複雑な風味と素晴らしいバランス。
豊かな果実味とヴェルベットのような滑らかなタンニン、柔らかなヴァニラの香りがフィニッシュへと長く続く。
*Colby Red売上の一部は、日本の心臓病研究機関に寄付されます。
“コルビー”はオーナー&ワインメーカー、ダリル・グルームの息子の名前。現在は22歳で、健康で優秀な成績の学生だが、彼が10歳の誕生日を迎える頃に心臓切開手術を受けた。この経緯から、ダリルとコルビー親子はアメリカの小児心臓疾患に対する慈善団体をサポートするために、2011年から売上金の一部を心臓協会等に寄付を続けているのがこのワインだ。今後日本でもその方針をしめしている。

世界のワイン界のリーダー
JCBことJean-Charles Boisset(ジャン-シャルル・ボワセ)

JCBことJean-Charles Boisset(ジャン-シャルル・ボワセ)

フランスはブルゴーニュのワイン一家に生まれたジャン‐シャルル・ボワセ(Jean-Charles Boisset)。現在彼はフランスでは南フランスを含む幾つかのワイナリーを所有する一方、活動の拠点はナパヴァレーに移し、カリフォルニア初のワイナリーとされるブエナ・ヴィスタ、ピノ・ノワールを最初につくったデ・ローチ他、多く名門ワイナリーを保有している。
私生活においても、妻ジーナは世界最大のワイナリー・グループであるガロの孫、住居もナパヴァレーの英雄、故ロバート・モンダヴィが住んでいた家である等、世界のワイン・ビジネス界を代表する人物で、話題に事欠かない。JCBと濱本純との出会いは即意気投合、彼の思い入れ深いワインをNAPA OFFICE.USに託した。それはナパヴァレーのみならずアメリカ西海岸で最も古くから営業を続けてきた食品店、オークヴィル・グロッサリの創業年度をブランドとした“1881 NAPA”である。アメリカでこの店だけで販売している。このフランスの風薫る珠玉のワインをお試しいただければ、その真価はすぐにお分かりいただけるはずだ。


1881 NAPAのワイン
1881 NAPA
濱本 純
主なる著作&寄稿出版物
ナパヴァレーのワイン休日

第1作
『ナパヴァレーのワイン休日』
(2008年:樹立社刊、1980円)

日本初ナパヴァレーのワイン・ツーリズム本となる

ソノマのワイン休日

第2作
『ソノマのワイン休日』
(2018年:世界文化社刊、2035円)

日本初のソノマの魅力を網羅した書籍

ナパヴァレー完全ガイド

第3作
『ナパヴァレー完全ガイド』
(2020年:世界文化社刊、1980円)

書籍名のごとくナパヴァレーの完全版

(ザ・フィネス)創刊号

全米No.1レストラン
The French Laundryの雑誌
『THE FINESSE』(ザ・フィネス)創刊号に唯一外国人ライターとして寄稿を依頼される。

サイドウェイズ

20世紀Fox&フジTV制作
の映画『サイドウェイズ』
でNAPA アドバイザーを務めパンフレットに寄稿を依頼される。