ナパオフイスUS:カリフォルニア~ナパヴァレーとソノマのワイン:濱本 純 ナパオフイスUS:カリフォルニア~ナパヴァレーとソノマのワイン:濱本 純

きっかけは、ワイン・ツーリズムの第一人者、濱本純が取材を通じて知り合った現地のワイナリーです。
“日本ではまだ知られていない、ライフスタイルに合った楽しい、そして何よりも美味しいワイン”だけを輸入。その美味しさとお洒落感は、我々とお取引いただいている一流ホテルやレストランが証明。

世界でも稀な葡萄にとって“エデンの園”と呼ばれるところ

葡萄にとってエデンの園

ナパヴァレーはアメリカ西海岸カリフォルニア州、最寄りの大都市サンフランシスコの北約100Kmのところにあります。緯度的には北緯38度~39度の間にあり、日本でいうと仙台辺りです。
日中は燦々と輝く太陽、朝夕は西側ソノマ郡横の太平洋を流れるアラスカ寒流の影響で霧が発生。大地は、かつて太平洋の海底が隆起した貝殻等ミネラル分豊富な土壌に、火山噴火により灰が降りそそいだ。これがワインづくりにまたとない”エデンの地”だと呼ばれる所以です。
これら自然環境にプラスして、人間の努力と新しい技術により、今日ではワインの銘醸地となりました。
さらには、カリフォルニア地場のハリウッドやディズニーランド等のエンターテイメント産業、オーガニック野菜や果物等を使用したカリフォルニア・キュイジーヌ等の健康志向等により、今では誰もが認める、世界No.1のワイン・ツーリズムの聖地といわれています。 この栄華は30~35年前にはじまったばかりです。

ワイン・ツーリズムの聖地

美味しいプレミアムなワイン

ナパヴァレーの葡萄

カリフォルニア州は全米の約90%に当たるワインを生み出し、世界の銘醸地の一つであることはご承知の通りです。いかにナパヴァレーのワインが人気なのか、赤ワインの人気葡萄品種カベルネ・ソーヴィニヨンを例にとって説明しましょう。ナパヴァレー産の葡萄は、同品種の他のカリフォルニア産のものよりも、6.6倍もの高値が付くといわれます。
そして、ナパヴァレーには様々な最新鋭施設、熟練スタッフ、マーケティング、それにプレミアム・ワインに必要なストーリー性が備わっています。

ナパヴァレーの葡萄畑

ワイン・ビジネスへの参入。NAPA OFFICE.USスタート

ワインツーリズムの第一人者として活動していた私ですが、以下をポリシーとしてNAPAOFFICE.USをスタートすることとしました。

(1)唯のワイン輸入商ではなく、誰も知らないワインのみだけを日本に輸入し紹介する。
(2)ジャーナリストとしての活動で、多くの無名だが素晴らしいワイナリーとワインと出会った。この無名の素晴らしいワイナリーとワインで、これまでの既成概念を打破し、トレンド感・楽しさあるユニークなワインだけを日本に紹介することをポリシーとする。
このような経緯でスタートしたワイン・ビジネスだが、私どもが取り扱い始めた無名のワインがアメリカでもナショナル・ブランドとなり、ナパヴァレーの実力者Jean-Chrles Boissetから輸入・販売の逆指名を受けたワインもありました。そして、現在も素晴らしいホテル・レストラン・ショップ様とお取引を通して日本の皆様にNAPAOFFICE.USのワインをお楽しみいただいております。

濱本 純
主なる著作&寄稿出版物
ナパヴァレーのワイン休日

第1作
『ナパヴァレーのワイン休日』
(2008年:樹立社刊、1980円)

日本初ナパヴァレーのワイン・ツーリズム本となる

ソノマのワイン休日

第2作
『ソノマのワイン休日』
(2018年:世界文化社刊、2035円)

日本初のソノマの魅力を網羅した書籍

ナパヴァレー完全ガイド

第3作
『ナパヴァレー完全ガイド』
(2020年:世界文化社刊、1980円)

書籍名のごとくナパヴァレーの完全版

(ザ・フィネス)創刊号

全米No.1レストラン
The French Laundryの雑誌
『THE FINESSE』(ザ・フィネス)創刊号に唯一外国人ライターとして寄稿を依頼される。

サイドウェイズ

20世紀Fox&フジTV制作
の映画『サイドウェイズ』
でNAPA アドバイザーを務めパンフレットに寄稿を依頼される。